銀行キャッシングCORE

銀行キャッシングCORE

消費者金融の名前の由来について

消費者金融は、かつてはサラ金や街金と呼ばれていました。どうしてこう呼ばれていたかというと、消費者金融の主な顧客というのがサラリーマンだったことから、サラリーマン金融が略されて、サラ金と呼ばれていました。

 

しかし最近の利用者は、サラリーマンに限りません。自営業者や主婦、学生の利用者も増えています。
それに何よりも、女性の利用者が増加してきています。

 

消費者金融を利用している人は、およそ1455万人と言われています。
この数字は、20才以上の人の7人に1人が利用している計算になります。

 

また男女比は、男性:女性が7:3〜6:4の割合となっており、女性の利用者が増加してきていることがうかがえます。
専業主婦キャッシングLADY'S:知っておきたいキャッシングの体験談
消費者金融のもう一つの別名である街金ですが、これは利用者が利用しやすいように、消費者金融の店舗が繁華街などの街中にあったことに由来します。
街中にあったことから、街中金融と呼ばれ、それが略されて街金と言われていました。

 

しかし最近は、わざわざ店舗へ行かなくても、インターネットが利用できれば、パソコンや携帯から申し込みができるようになりました。
この方が365日24時間いつでも申し込みができるので、利用者にとっては便利なのです。

 

また時代の流れとともに、消費者金融の中には実店舗を持たないで、インターネットと郵送、電話のみで取り引きを行うところもできてきました。
こういったダイレクトマーケティングは、実店舗を維持する費用が掛からない分、金利が低くできるというメリットがあります。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
消費者金融キャッシング 銀行ローン ファイナンスリース